ビル管理を頼んでみるには

最近は資産の運用で収入を得ようという企業が増えています。
例えば、むかし持っていた工場の跡地を有効利用したいとか、支店を統合したので、支店に使っていた建物が余ってしまった。
そんな企業でなくても、個人商店でもビルやマンションを持っているという例もあるようです。
しかし、ビル管理の仕事を慣れないスタッフでやるのはちょっとキツイということもあります。
例えば、入居者へ使用細則の説明をすることや、店舗が入る時の改装工事関連の折衝、そんなテナント管理業務。
それから、警備や定期清掃といった建物管理業務などもあります。
そんなノウハウがないとビル管理は難しいものです。
それならビル管理業務を委託しようとしたら、ビル管理にノウハウを十分持った専門業者に依頼するのが安心です。
でも、それを選ぶポイントはどこかというと、まず豊富な管理実績を持っているかどうかです。
そして、管理の基本となる人材スタッフが優秀であること。
特に、スタッフ育成のために実践的な研修を実施していることが大切です。
そういうスタッフならテナントへの対応力や設備保全に必要な技術などを習得していますから安心です。
また、最近のことを考えると、地震や火災といった緊急対応への備えがあるとより心強いですね。http://www.mec-c.com/resident/

このページの先頭へ