離婚に際しては弁護士に相談してみましょう

人間関係というのは微妙なものです。
信頼し愛し合っていた夫婦が袂を分かってしまうことも、世には珍しくありません。
悲劇かも知れませんが、お互いが共に歩いていくことを拒否するなら、離婚というのは決して間違った選択ではないと思います。
ただ、後日に禍根を残さないようにしなければなりません。
そのためには、双方とも弁護士を立てて、代理人同士で交渉させるのが賢明な方法だと考えます。
当事者同士が話をするとなると、ともすれば感情的になりがちです。
金銭にかかわる話も争点になりますので、当事者としては、口にしにくい部分もあるのではないでしょうか。
代理人であれば、それこそビジネスライクにことを進めることができます。
もし離婚に踏み切らざるを得ない事態になった場合は、まずは弁護士に相談してみることをおすすめいたします。

このページの先頭へ