弁護士の力を借りて交通事故の揉め事を解決しよう

万が一交通事故が起こっても、保険会社に任せておけば大丈夫、とお考えの方は多いのではないでしょうか。
確かに保険会社の担当者は事故対応のプロとして働いておりますし、過去の事例を元に相手の保険会社と過失割合の交渉をしますので、一見スムーズに対応が終わると思われがちです。
しかし、保険会社は契約者の代理人という立場です。
契約者が納得をしなければ話は進みませんし、ましてや任意保険に加入をしていない人はなかなか納得せずに話がこじれてしまう事も多々あります。
保険会社としては契約者や相手方を説得して示談をしようとしますが、どうしても示談が困難になってしまった場合は弁護士に対応してもらう事になります。
示談が不成立の場合、調停や裁判を行うことになります。
この時はやはり、自分の信頼出来る人材を味方につけたいと思うでしょうが、信頼出来る弁護士なんて知り合いにいないという方もいらっしゃる事でしょう。
インターネットでも交通事故に強い方を探す事も出来ますし、保険会社から紹介してもらえる場合もあります。
費用について心配になるかと思いますが、弁護士費用特約というものを付けておけば、この特約から費用を出してもらう事も出来ます。
万が一の事故の万が一に備えて、保険契約の見直しも重要です。

このページの先頭へ