仕事だけでなく日常生活でも役立つ簿記

簿記検定というと資格試験の中でも受験者の多いことで知られる人気の資格です。
人気のある理由としては、資格を持っていることで企業への就職で有利になることがあるため実益のある資格でもあるということもありますし、3級は独学でも取得できて内容もそれほど難しくないので、とりあえず資格を取得したいという人が登竜門的な意味で試験を受けることも多いからです。
最近では中小企業でも経理にパソコンソフトを導入しているところが増えているので、「簿記の重要性が薄れてきているのではないか」と言われることがありますが、決してそんなことはありません。
経理の基本的な知識を身につけておくことで財務諸表を理解することができれば、自社の抱えている問題を明らかにすることができますし、限られた資金をどの分野に投入すればよいのかについての判断基準にもなります。
経理部門以外の人でも資格を取得することでキャリアアップにつなげることができます。
たとえば、営業部門には経理の知識は不要だと考えている人も多いですが、コスト管理ができれば取引相手とのやりとりの中で適切な価格交渉を行うことも可能になります。
簿記は仕事だけでなく、家庭での日常生活でも役に立ちます。
お金の出入りをしっかりと把握することができるようになると無駄な支出をカットして家計を楽にすることができますし、株取引などを行う際にも大きなメリットとなるからです。

参考サイトはコチラから

このページの先頭へ