定年後にバンドフェスティバル開催!

定年後に、どのようにして過ごそうか、漫然とした不安を抱えている男性も多いのではないでしょうか?
そんな方に、林田学さんを紹介したいと思います。
林田さんは、今、地域のバンドフェスティバルの実行委員会会長です。
実は、定年を迎えたら、好きなギターにじっくり向き合って、ゆっくり過ごしたいと思っていた林田さんですが、気が付いたら皆をひっぱって、地域のバンドフェスティバルを開催するまでになっていました。
きっかけは、仲間とバンドの練習を始めたことでした。
だんだん腕も上がってきたことだし、バンド仲間と路上ライブをしよう!と計画したら、メンバーの奥様方から反対が出たのです。
若者のように路上ライブなんて、と林田さんの奥様も、ご近所の目を気にして、賛成してくれませんでした。
しかし、反対されると燃え上がる林田さんは、絶対に実現させようと地域の他のバンド仲間にも声をかけ、近くの公園を利用できるように行政も巻き込み、バンドフェスティバルを開催することになったのです。
今では15組ものバンドが出演する、地域の名物になっています。
すっかり地域に定着したフェスティバルに、当初反対していたメンバーの奥様たちも、今やスタッフの一員として参加するまでになりました。
予想外に多忙な定年後の生活を送る林田さんは、70代とも思えない足取りの軽さで、今日もギターを片手に、練習に向かいます。

このページの先頭へ